ジャッキーブラウンのように・・・◆◇◆◇

70s80s洋楽好きが音楽を楽しむブログなんです

◆ カレンダー

08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

◆ プロフィール

ぼら

Author:ぼら
ハードロックよりAOR、メロウなサウンドが好きな軟弱者。元スケボー少年、フットサルとスキーをこよなく愛す清水出身♂。ライブ鑑賞も趣味としてま~す。

◆ カテゴリ

未分類 (9)
70s80s (8)
AOR (1)
R&B (1)
sound (1)

◆ 最新記事

◆ 最新コメント

◆ 最新トラックバック

◆ 月別アーカイブ

◆ FC2カウンター

◆ フリーエリア

ウィジェット

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
Al Stewart - Time Passages
今日はすがすがしい朝でした。
土曜なので渋滞もなくストレスのない出勤。
で、頭に浮かんだのはこの曲。



のんびりとしていて単調でありながらいろんな音、展開が楽しい。
アラン・パーソンズのプロデュースが色濃くでていると思う。
AORの走りを感じますね~。
なんと言っても・・・1曲が長~い。 これも魅力。いい曲はずっと聴いていたいんで。。。

しかし、1978はいい曲がいっぱいだ。
映画は「ボーイズボーイズ」「ケンタッキーフライドムービー」などなど。
当時はアメリカドラマも全盛でかなりアメリカナイズされていたなあ。
こんな時代にライブ三昧してみたかった・・・。

来年早々John David Southerが来るらしい。
会いに行くよ、必ず!








スポンサーサイト

テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

Robbie Dupree/ロビー・デュプリー
秋ですね。ロビー・デュプリーが聴きたくなった。
2年前、コットンクラブでお見かけしたときは「え?どこのおじいさん?」と目を見張ってしまいました。
考えてしまいましたね。あれからどれだけの時間が経ったんだろうと・・・。

しかし、歌いだしたら“ロビー・デュプリー”。
感動しましたね。
あの“ロビー・デュプリー”が目の前、しかも5m手前にいるなんて。
「Steal Away」に「Hot Rod Heart」・・・嬉しかった、涙、涙、涙、、、腹減った。

コーヒーしかオーダーしなかったから腹減ったっけ。
やっぱり貧乏人はコンサートホールが気楽でいいかな・・・
などと言いつつ、11月のレイ・パーカーjr in コトンクラブ どうしょうかな~~と
悩んでる秋の夜でした。


テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

リトル・リバー・バンド


“リミニッシング” ぐっときますね~。
いつも邦題を馬鹿にしてますが、これだけは別。
"追憶の甘い日々”ですよ。なんとマッチン・グ~な。
78年の名曲、今も最高の気分に浸れます。

高校生の時、サーファーの友達が“RASH”なる怪しい薬を持ってきました。
おぼれた時に使う気付け薬だと。
で、鼻から勢い良く吸引。
すると身体が中に浮いたような、、、気持ちよくなってしまった。
今は販売中止となりましたが、ヒッピーな遊びでした。
その時のBGMがこれ。

お香やガラムの香りのする中、程よい疲れを楽しむには、甘~い、いい曲だと思うな。
単調なベースとパーカッションが絡む小気味良いイントロで始まり、流れるようなヴォーカルが曲を包み込む。けだるいコーラスやホーンセクションはうっとりですよ。

実はこの曲を知ったのは83年。
せんだみつおの“オールジャパンポップス20”全盛期に青春を過ごした自分でしたから。
クールチェンジ、ナイトアウル、ロンサムルーザーも良かったですね。



テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

ブラザーズ・ジョンソン
再び"ジャッキーブラウン”。

まずこの映画はサイケで愉快。
マヌケな薬中のデ・ニーロは最高!。
ジャッキーと弁護士の糸引きディープキスもいい(こんなの見た事ない~)。
軽快に走るシビックはポリスアカデミー以来見た事無かったし。

しかし、、、なんと言ってもBGMだよね。


1. 110番街交差点 /ボビー・ウーマック
2. ビューモンツ・ラメント/ サミュエル・L.ジャクソン ロバート・デ・ニーロ
3. ストロベリー・レター#23/ ブラザーズ・ジョンソン
4. メラニー、シモーネ&シェロンダ/ サミュエル・L.ジャクソン
5. フー・イズ・ヒー・アンド・ホワット・イズ・ヒー・トゥ・ユー/ ビル・ウィザース
6. テネシー・スタッド/ ジョニー・キャッシュ
7. ナチュラル・ハイ/ ブラッドストーン
8. ロング・タイム・ウーマン/ パム・グリア
9. デトロイト9000
10. レター・トゥ・ザ・ファーム/ フォクシー・ブラウン
11. ストリート・ライフ/ ランディ・クロフォード
12. ディドント・アイ・ブロー・ユア・マインド・ジス・タイム/ デルフォニックス
13. 真夜中の誓い/ グラス・ルーツ
14. インサイド・マイ・ラブ/ ミニー・リパートン
15. ジャスト・アスク・ミー・メラニー/ サミュエル・L.ジャクソン ロバート・デ・ニーロ ブリッジト・フォンダ
16. ライオン・アンド・キューカンバー/ バンパイア・サウンド・インコーポレイション
17. モンテ・カルロ・ナイツ/ エリオット・イーストンズ・チキ・ゴッズ

中でも"ストロベリー・レター#23/ ブラザーズ・ジョンソン”には震えたよ。
いきなりあのシーンでかかるんだから。
なんとも怪しいアレンジにコーラスにリズム。
70年ならではの独創的なギターサウンドが、ルイスのベースが、なんともいいタイミングで顔を出す。
さすが、兄弟!!
クインシージョーンズが惚れ込んだのも良くわかるな~。

とりあえず映画見終わった後、即買っちゃいました。
レコードをね。








テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

ジャッキーブラウンのように

タランティーノの「ジャッキーブラウン」の1シーン。
ジャッキーブラウンは新しい音には興味無いと”デルフォニックス”に針を落とす。
その姿は自然で感動してしまった。。。

70s80sはいい音楽で溢れてた、いい時代。
その中で埋もれていたい。
ただ、ジャッキーブラウンにはなれないかな。
CDにmp3・・・悲しいけど。
発掘すれば今だっていい音楽はあるしね。

一番最初は”カーペンターズ”。
グレープフルーツ味のサントリー”POP”清涼飲料水のCMで使われていた
「トップ・オブ・ザ・ワールド」
よく口ずさんでた。
兄貴から貰ったベストアルバムが洋楽人生の始まりでした。
今でも全然聞き入ってしまいますよ。

カレンの馴染みやすいヴォーカル

ア・ソング・フォー・ユーの渋いサックスのソロ、

スーパースターの悲しいサウンド・・・

心に残る一枚でした。

ちなみにファンレター送りましたよ。 
返事は・・・・・多分、忙しかったんでしょうね。。。







テーマ:'70年から'80年の洋楽 - ジャンル:音楽

◆ time


by ブログの時計屋さん

◆ リンク

このブログをリンクに追加する

◆ ネットシステムで値段交渉

予約宿名人

◆ 英会話スクール      WILL Square

英会話スクールWILL Square

◆ amazon

◆ RSSリンクの表示

◆ ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

◆ 検索フォーム

◆ QRコード

QRコード


copyright ジャッキーブラウンのように・・・◆◇◆◇ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by コーチングブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。